中京テレビ取材協力

リボーンプロジェクトの活動を中京テレビさんに取材していただきました。

回収キットをご購入いただきました方でランダムにご連絡させていただき、岐阜県にお住いの可児様にテレビ取材のご快諾をいただけ、取材日当日に偶然にも輸出の荷物詰めをする作業日でしたので、コンテナに荷物を詰め込む風景も撮りたいとご要望を受けたのでご協力させていただきました。

皆さんがお送りいただいておりますお荷物の搬入する作業を撮影されておりました。

毎回40ftのコンテナをいっぱいに詰めるのに3時間程かかりますが、可児様宅の取材の都合もあり、30分程度作業内容を見学されていきました。

その後に七宗町の可児様宅に移動して、ご購入いただきました回収キットにお送りいただく不用品を詰め込む場面を撮影され、手放す不用品に対しての思い出やなぜリボーンプロジェクトに参加されたかなど中京テレビさんにご質問を受けておられましたが、終始可児様の笑顔で明るい雰囲気で撮影されておりました。

リボーンプロジェクトの活動はすでに約3年弱経過しており、賛同して不用品をお送りいただく方はかなりの方がいらっしゃるのはもちろん認識しておりましたが、今回の取材をきっかけに初めてリボーンプロジェクト回収キットを購入して活動に参加いただいている方にお会いして不用品に対しての思いなど色々なお話させていただき、この活動の意味や今後の活動などを考えるきっかけとなりました。

今後もより多くの不用品を海外に届けて、より多くのワクチンで子供たちの笑顔を支援できるよう取り組んでいきたいと思っております。

ワクチン支援も海外の途上国ではどこの国でも計画的にワクチン接種を行うためには一時的ではなく継続的な支援が一番ありがたいと言われており、まさにその通りだと私自身も実感しておりますので、この活動がずっと継続できるようにしていきます。

撮影後に中京テレビの撮影スタッフとの方と記念撮影させていただきました。

また帰り際に可児様の素敵なお父様よりこちらで取れたお米やお漬物やお弁当まで持たせていただき、取材に協力いただいただけでも感謝しかないのにありがたい限りで撮影を終えました。

あなたの「使わないもの」から
ワクチン寄付と雇用が生まれます。

リボーンプロジェクトの図
リボーンプロジェクトの図

専用回収キットのご購入

ご購入1件につきワクチン15人分寄付
不用品の発送準備をする女性の写真
女児の写真
認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会
発送1件につきワクチン10人分寄付
円グラフのアイコン

リボーンプロジェクト
(REBORN)は今までに

ワクチンのアイコン 289,030人分

のワクチンを寄付させていただきました。

2024-02-26 現在

ご購入1件ごとワクチンを15人分寄付

※ご自身でダンボールをご用意できる方はキットの購入は不要です。送り先・方法はこちら

全国から受付中

日本全国どこからでも
受付致します。

日本地図のイラスト
北海道
北海道
東北
青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城
関東
東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川
甲信越
山梨 | 長野 | 新潟
北陸
石川 | 福井 | 富山
東海
愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重
近畿
大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国
島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山
四国
香川 | 徳島 | 愛媛 | 高知
九州
福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
※離島は一部対象エリア外となりますので離島の方はお問い合わせいただきご確認下さい(052-242-9468)
※北海道エリアは回収キットの販売は中止とさせていただいております
世界地図のイラスト
段ボールのイラスト

送ると喜ばれるもの

送れないもの

家具・家電・危険物・液体・剥製・雛人形(兜はを除く)・和人形・音楽CD・映画DVD・書籍・車のタイヤ・大量のファイルやバインダー類・暖房器具全般・スーツケース・チャイルドシートなど・布団・座布団・雑誌・ビデオテープ・スプレー缶・日本人形・石で出来た置物・植木鉢・スキー・スノーボード・梅酒用の瓶・漬物石・紙皿・紙コップ等の使い捨て食器・割れている食器・両足揃っていない靴・合皮が剥がれているバッグ・かばん・靴・使用済みの下着・肌着・靴下・タオル・ストッキング・ハンカチ・作業着・ユニフォーム・ファイル類・危険物・冬服・ノート・文房具・封筒・日本語のボードゲーム・習字道具