ぬいぐるみの寄付

リボーンで捨てても良いものを送って、
子どもたちの笑顔を作りませんか?

大切なぬいぐるみを捨てずに新しい持ち主に寄付してみませんか

押し入れに眠ったままになったぬいぐるみを寄付してみませんか?

引っ越しや模様替えの関係で手放さなくなってしまったけれど今まで大事にしてきたがゆえに
捨てづらくなってしまったぬいぐるみは眠っていませんか。

またゲームセンターなどの景品、もらいものなどでご自宅に放置されてしまったぬいぐるみはないでしょうか。
捨てずとも寄付をすることによって処分されず新しい環境で大切にしてもらうことができます。
キャラクターもの、UFOキャッチャーやゲームなどでの景品も受け入れています。
布団圧縮袋などに入れていただくとかさばらずたくさん寄付することができます。

ただし、汚れ、日焼けのあるものは弊社では受け入れていませんのでご注意くださいませ。

なかなか飾る場所が無くてずっと押し入れできれいに保管されているぬいるぐみもあるかと思います。
もし捨てづらいようなぬいぐるみがあれば寄付してみてはいかがでしょうか。
寄付することでまた新しい場所で大切に使ってもらうことができるので快く手放すことができるのではないでしょうか。

リボーンでは、大切な時間を共に過ごしてきた「ぬいぐるみ」を
ゴミ処分せずに、次の誰かに再利用(=リユース)する支援活動を行っています。

寄付したいお品物をまとめて箱に詰めて送るだけで、全国どこからでも寄付ができます。
届いたお品物はスタッフが丁寧に仕分けをして、次に必要な方の元へお届けします。

ぬいぐるみを捨てずに寄付することで地球環境を良くし社会貢献になります。
また1箱あたりに5人分、海外の発展途上国の子供達への支援としてポリオワクチンの募金ができるので国際支援にもなります。
さらに口コミを書いていただくともう1人分のポリオワクチンを寄付しています。

幼いころから一緒に過ごしてきたぬいぐるみや記念日にプレゼントされたぬいぐるみなど
そういった思い出深いぬいぐるみを捨てることに抵抗がある人も多くいるかと思います。
どうかぬいぐるみをそのまま捨ててしまわないでください。
思い出の詰まったぬいぐるみを捨てることなく寄付することによって
次は新しい持ち主から大切にしてもらうことができます。

あなたと大切な時間を過ごしてきたぬいぐるみが、
次に大切にしてくださる方の元に届いて、幸せな第2の人生を過ごせるお手伝いをさせていただきます。
捨てることがないので気持ちよく見送ることができるのではないでしょうか。

一緒に過ごした思い出のぬいぐるみを本当に必要な方、大切にしてくださる方に寄付したい方は、
ぜひ送ってみてください。
無料回収キットの大きさとしては大体45リットルの袋が2.5袋入るくらいの大きさなので
小さめのぬいぐるみであればたくさん入るかと思います。
また大きなぬいぐるみでも頑丈な袋のため、入れやすいです。
※ぬいぐるみはかさ張りますので写真には載せておりますが、布団圧縮袋に入れてお送りいただきますと送料もお安くなりお得に大量のぬいぐるみがお送りいただけます。
あなたの大切にしていたぬいぐるみを捨てずに寄付する事が、社会貢献、ワクチン募金にもなります。

あなたもできるところから寄付を始めてみませんか?

あなたの「使わないもの」から
ワクチン寄付と雇用が生まれます。

リボーンプロジェクトの図

専用回収キットのご購入

リボーンプロジェクト
(REBORN)は今までに

136,459人分

のワクチンを寄付させていただきました。

2022-10-01 現在

実際に寄付をした方の声

  • 一人でも多くの方の笑顔が増えたらとっても嬉しいです!

    引っ越し作業中に色々な不用品が出てきた中でなかなか捨てられないぬいぐるみがあり、どうしようか・・・と考えていたところ、リボーンプロジェクトさんを見つけました。
    プルートは子どもの頃よく遊んでいたもので他二つは使わず保管していたのできれいです。
    その他子ども服(ほんの少しですが)、マグカップ、カバンなどなど、ディズニーの物が多めかと思います。
    どれも使用していませんがもったいない物ばかりですので、使っていただける方の手に届いたら良いなと思っています。
    そして一人でも多くの方の笑顔が増えたら、とっても嬉しいです!

    これを機会に素敵なプロジェクトに出会えて参加させて頂いて、本当にありがとうございます。
    これからも応援させて下さい!
    またお送りさせて頂きます。
    今回お送りさせて頂いたぬいぐるみ、洋服、食器たち・・・よろしくお願いします。

    神奈川県 30代

支援している国々の一例

  • ミャンマー
    への支援実績

    2019年 定期予防接種支援
    約4,371万円
    2018年 定期予防接種支援
    約4,532万円
    2017年 定期予防接種支援
    約5,685万円
    2016年 定期予防接種支援
    約5,685万円
    ミャンマーの
    ワクチン支援状況を見る

    ミャンマーのワクチン支援状況について

    私たちの子どもワクチン支援は、1996年のミャンマーから始まりました。支援先を決めるため、1995年に細川佳代子会長がアジア各国を視察。その中で、ミャンマーの人々に根付いた相互扶助精神に触れ、JCVの支援が確実に生かされる土壌があると判断しました。また、軍事政権下であった当事のミャンマーは、国際支援を受けられなかったため、子どもたちにワクチンが届かず、ワクチン支援が急務でした。私たちはこれまでに、ワクチンそのものはもちろん、コールドチェーン機材や、ワクチン運搬用の車が入れない山岳部へのバイクなどを支援してきました。2016年には、同国がワクチンを自国で負担するという方針を打ち出したため、コールドチェーンに特化した支援を行いました。UNICEFミャンマーと保健省と協力した子どもワクチン支援により、同国におけるワクチン接種の基盤は徐々に築かれつつあります。

  • ミャンマー
    への支援実績

    2019年 定期予防接種支援
    約4,371万円
    ミャンマーの
    ワクチン支援状況を見る

    ミャンマーのワクチン支援状況について

    私たちの子どもワクチン支援は、1996年のミャンマーから始まりました。支援先を決めるため、1995年に細川佳代子会長がアジア各国を視察。その中で、ミャンマーの人々に根付いた相互扶助精神に触れ、JCVの支援が確実に生かされる土壌があると判断しました。また、軍事政権下であった当事のミャンマーは、国際支援を受けられなかったため、子どもたちにワクチンが届かず、ワクチン支援が急務でした。私たちはこれまでに、ワクチンそのものはもちろん、コールドチェーン機材や、ワクチン運搬用の車が入れない山岳部へのバイクなどを支援してきました。2016年には、同国がワクチンを自国で負担するという方針を打ち出したため、コールドチェーンに特化した支援を行いました。UNICEFミャンマーと保健省と協力した子どもワクチン支援により、同国におけるワクチン接種の基盤は徐々に築かれつつあります。

ご購入1件ごとワクチンを15人分寄付

※ご自身でダンボールをご用意できる方はキットの購入は不要です。送り先・方法はこちら

皆さんに寄付していただいた物

全国から受付中

日本全国どこからでも
受付致します。

北海道
北海道
東北
青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城
関東
東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川
甲信越
山梨 | 長野 | 新潟
北陸
石川 | 福井 | 富山
東海
愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重
近畿
大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国
島根 | 山口 | 鳥取 | 広島 | 岡山
四国
香川 | 徳島 | 愛媛 | 高知
九州
福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
※離島は一部対象エリア外となりますので離島の方はお問い合わせいただきご確認下さい(052-242-9468)
※北海道エリアは回収キットの販売は中止とさせていただいております

活動報告