お役立ちコラム

形見を処分するときに必要なこととは?

2016/01/24 コラム

人が亡くなったら多くのご遺品が残されます。

人間一人が持つ品物は、想像していたより多く、適切に処理を行う必要があります。

ご遺品は想いがこもったものなので、丁寧に扱わなければいけないのは当然です。

しかしご遺品だけでなく、廃棄すべき家具や家電などの始末も行う必要があります。

故人が大事にしていたものは僧侶に供養してもらい、正規の方法で処分する必要があるでしょう。

ただ家電や家具などを含めると、時間だけでなく体力も必要となり、遺品整理がスムーズにできないことがあります。

その場合は、業者に任せて、想いのこもった品を適切に対応してもらうことをおすすめします。

故人がもし賃貸物件に住んでいた場合は、大家さんや不動産屋さんからできるだけ早く退去してくださいと言われることがあります。

月をまたいでしまった場合は家賃が発生することがあるので、早めに遺品整理を行う必要があります。

遺品整理を専門に行う業者に依頼すれば、遺品を1つずつ丁寧に精査して、大切なものとそうでないものを分別してもらうことができます。

故人と関わりがあった人にとって、故人が亡くなった直後に遺品整理をするのは、気持ちの整理が付けられていない場合は精神的な負担になることがあります。

ですので業者に任せて、適切に対応してもらうといいでしょう。

写真や手紙などの思い出の品だけでなく、家電や家具なども適切に処理してもらうことができます。

有価品であれば買い取ってもらうことができますし、壊れていたり古くなって廃棄処分にするものであれば適切に処分してもらうことができます。

また、故人が愛用していたものの中で廃棄するものは、僧侶に供養してもらい、正規の方法で処分する必要があります。

遺品整理業者に依頼すれば、提携しているお寺さんで供養してもらうことができるので安心です。

家具などの大型品は運び出すのが困難ですが、全て業者に任せることができます。

また、エアコンの取り外し工事も行ってもらうことができます。

退去するときは、室内を綺麗に原状回復する必要がありますが、遺品整理業者は室内クリーニングも行っています。

一般的な掃除道具では落とすことができない汚れなども、特殊清掃を行って、綺麗な状態の部屋にしています。

クリーニング料金は部屋の大きさによって異なりますが、明朗会計になっているので安心です。

遺品整理の費用も契約する前に現地で状況を確認してから見積もりを出しているので、追加料金などは発生しません。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

※遺品整理はクレジットカードがご利用いただけません
※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。