お役立ちコラム

引っ越しで出るゴミの処分法や料金・引き取りの流れについても

2022/03/11 不用品回収

引っ越しをする時、持って行かない荷物はゴミとして処分する必要があります。
しかし、ゴミと一括りにしても可燃ゴミや資源ゴミ、粗大ゴミとさまざまな種類があり、それぞれに処分する方法は異なります。
引っ越し当日になってもゴミの処分ができずに慌ててしまう前に、ゴミを正しく分別して処分しておくことが大切です。
そこで今回は、引越しゴミの種類やそれぞれの処分方法、引き取りの流れについてご紹介します。

 

引越しゴミの種類

以下で一覧表にしました。なお、自治体によって、分類や処理は異なるため、お住まいの自治体で確認しましょう。

名称 概要 具体例
可燃ゴミ 燃えるゴミとも言い、引っ越しの際によく出るゴミです。
  • 生ゴミ
  • 紙くず
  • 衣類
  • 枝や葉
  • プラマークのないプラスチック製品など
不燃ゴミ 燃えないゴミとも言い、割れた瓶やガラスは紙に包み「キケン」「ワレモノ」と書いて出します。

また、スプレー缶やガスボンベは最後まで出し切ってから捨てます。

  • 金属
  • 割れた瓶、ガラス
  • 陶磁器
  • スプレー缶、ガスボンベ
  • 小型家電
    など
資源ゴミ ゴミに出す際にはさらに細かく分別する必要があります。
  • ペットボトル
  • 発泡スチロール
  • 古紙(新聞や雑誌)

  • など
粗大ゴミ 引っ越しにおいて、最も処分に困るものでしょう。
  • 一辺の長さが30㎝を超える布団や座布団
  • カーペット
  • 椅子
  • 自転車
  • 大型の家具や家電
    など
家電(リサイクル法に基づく) 家電4品目についてはリサイクルが義務付けられているため、処分する際にはリサイクル料金がかかります。
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • エアコン
  • 洗濯機

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)とは、資源を有効利用するための法律です。
廃家電製品に多く含まれている鉄やアルミ、ガラスなどの資源をリサイクルすることで廃棄物を減量させる狙いがあります。
リサイクルの対象となる廃棄物は「家電4品目」と呼ばれ、いずれも家庭用機器(冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機)です。

家電リサイクル料金

家電4品目には、リサイクル料金とは別で、収集運搬料金を支払う必要があります。
収集運搬料金とは、収集運搬業者が引き取った廃家電4品目を、各地域にある「指定引取場所」まで運ぶ料金です。
指定引取場所に集められた廃家電4品目は、その後各メーカーのリサイクル施設に運ばれます。
弊社の例を基準に以下の表で、リサイクル料金と収集運搬料金をご紹介します。

リサイクル料金 収集運搬料金
冷蔵庫 3,740円~ 2,200円~
テレビ 1,320円~ 1,100円~
エアコン 990円~ 2,200円~
洗濯機・衣類乾燥機 2,530円~ 2,200円~

また、エアコンは取り外し費用が別途3,300円~かかります。
なお、指定引取場所に自分で廃家電4品目を運んだ場合、料金はかかりません。

引っ越しで出るゴミの処分方法

ゴミの収集日は自治体によって決められているため、引っ越し当日に全てのゴミを処分できません。
ゴミの処分を間に合わせるために、引っ越しが決まった時点で処分方法を決め、処分していくことが大切です。
ここからは、具体的なゴミの処分方法を、特長と注意点を比較しつつ紹介します。

自治体のゴミ回収

ゴミの回収日は、ゴミの種類によって決まっています
可燃ゴミは週に2度回収されますが、資源ゴミの多くは週に1度であるため、回収日の把握が必要です。
粗大ゴミを出すには、粗大ごみ回収センターに申し込み、ゴミの種類やサイズ、回収日を指定して予約を取ります。
その後、予約をした市町村にあるコンビニやスーパー、所定の窓口で「粗大ごみ処理券」を購入してゴミに貼り、指定した日時に指定場所へゴミを出します。
自治体のゴミ回収を利用すれば粗大ゴミに該当する全てのゴミを処分できますが、所定場所まで自分で運ぶ必要があり、多くの場合は個数に制限があります。
また、綺麗な物やまだ使える物でも買取がありません。

リサイクルショップの買取

まだ使える物や綺麗な物、人気のある物はリサイクルショップで買い取りを依頼できます。
ほとんどのリサイクルショップでは、買取に運転免許書やマイナンバーカードなどの身分証明書が必要です。
リサイクルショップに持ち込んで査定するため、持ち込む前にできるだけ綺麗にしておくと査定額アップにつながる可能性があります。
査定金額に納得が出来たらその場で売却できます。
買い取りを依頼する物が大きくて重たい物や大量にある場合には、出張買取サービスがあるリサイクルショップを利用しましょう。
出張買取サービスでは、自宅で査定して買い取ってもらえるため便利です。
ただし、古い物や壊れた物などは買い取ってもらえません。
GoodServiceでは、不用品回収にあわせて、買取も行っています。

フリーマーケット

フリーマーケットに参加して家財を処分するには、フリーマーケットの主催団体に申し込み、参加料金を支払います。
フリーマーケットの開催日に現地で販売するため、搬入・搬出時が大変な大型の家具は売れない可能性が高く、商品として適していません。
商品として持って行った物がどの程度売れるのかが予想し難く、参加料金分と割に合わない可能性もあります。
また、フリーマーケットの主催団体によって出品できない商品があります。
ほとんどの主催団体では、生体やキャラクターがプリントされた布でのハンドメイド品、医薬品などが禁止品目です。
フリーマーケットの会場が屋外だと、雨天中止になります。
引っ越し日まで時間がない場合、家財の処分が間に合わなくなる可能性が高まり、振替日が引っ越し後になる可能性もあります。

ネットオークション・フリマアプリ

ネットオークションやフリマアプリは自宅で出品・配送をするため、フリーマーケットのように参加料金を支払う必要がありません。
ネットオークションやフリマアプリに登録して出品するため、家財の写真を用意して必要事項を入力するだけで出品できます。
ただし、商品が売れた際には、商品代金に応じた手数料がかかります。
自分で梱包や配送をすると、大きな物や重い物は送料が高くつくため、着払いや直接取引、送料分商品を高く設定するなどの工夫が必要です。
また「商品の代金が支払われない」「突然キャンセルをされた」などのトラブルがあります。
トラブルに巻き込まれないようにコミュニケーションを多く取り、それでもトラブルになった時にはキャンセルや取引完了をせず、運営会社に問い合わせてください。

引っ越し会社の引き取りサービス

多くの引っ越し会社には、引っ越し時に不要な家財を引き取るサービスがあります。
引き取りサービスを利用する際には、当日ではなく引っ越しの申し込み時に申請する必要があります。
また、引き取りサービスをしていない会社もあるため、事前に確認が必要です。
引っ越し会社を利用すると、引っ越しとゴミの処分が同日にできます。
注意点は、引っ越し会社によって回収可能な家財や回収費用に違いがあることと、家財の買取サービスの有無で回収料金が異なることです。

不用品回収会社の利用

不用品回収会社を利用すると、家電4品目以外の家電や家具、楽器などもまとめて処分可能です。
新しい物や使える物など価値の高い家財は適切に査定され、その場で買い取ってもらえます。
出張査定や見積もり、キャンセル料のかからない会社もあります。
なお、注意点として、不法投棄や火災などのトラブル回避のため、保有資格を確認した上で依頼しましょう。
また、不用品買取には「古物商許可証」が必要です。
古物商許可証とは、古物営業法に基づいて、管轄の都道府県公安委員会が許可していることを示す証です。

引っ越しゴミを置いていくことはNG

賃貸物件では、基本解約日の変更はできないため、解約日までにゴミを処分する必要があります。
許可されていないゴミを置いたまま契約日が過ぎると、違約金や日割賃料の発生や、ゴミの処分費用がかかる可能性もあるためです。
ただし、家電や家具などのゴミは、大家さんに相談することで許可され、置いて行けるケースがあります。

GoodServiceにおける引越しゴミ回収の流れ

不用品回収会社を利用する際には、支払い方法や回収できない物について事前に調べておく必要があります。
弊社では、一部の危険物や生物以外は基本、回収可能です。
ここからは、GoodServiceへの問い合わせから作業、支払いまでの流れを紹介します。

問い合わせ

問い合わせは、電話の他にもメールやLINEから相談可能です。
問い合わせの時点で処分する家電や家具の品目やサイズを詳しく伝えておくと、より正確な見積金額が分かります。
また、受付で伝えきれなかった物や処分したい物が20点以上ある場合でも、無料で見積もり、即日回収・買取が可能です。

見積もり

電話やメール、LINEでの仮見積もりに納得が出来たら都合のよい日を調整し、回収日を決めます。
見積もりは無料でキャンセル料もかかりません。
料金の目安は以下の通りです。

家電4品目 冷蔵庫・テレビ・エアコン・洗濯機 3,300円~
家事家電 掃除機・布団乾燥機など 1,100円~
調理家電 電子レンジ・コンロ・炊飯器など 550円~
季節家電 扇風機・空気清浄機・電気カーペットなど 1,100円~
その他家電 電動アシスト自転車・玩具など 550円~
大型家具 タンス・ベッド・食器棚など 3,300円~
中型家具 ソファ・ チェスト・ラックなど 2,200円~
小型家具 椅子・カラーボックスなど 1,100円~

参考:GoodService「不用品回収サービス一覧

業界最安値を目指すGoodServiceでは、他社より高額の場合は値引き可能です。

作業

回収の当日は迅速な作業で時間をかけないため、引っ越し日が近くても気軽に利用できます。
作業終了後、その場で精算しますが、PayPay・クレジットカードでの支払いが可能です。
ただし、PayPay・クレジットカードでの支払いを希望する場合には、申し込み時に伝えておく必要があり、もし伝え忘れた際には現金払いのみ対応になることがあります。

引っ越し時の不用品回収はGoodServiceをご利用ください

GoodServiceは、家庭で不要になった家電や家具を1点から出張料無料で回収・処分・買取り可能です。
家電4品目だけでなくオーディオやカメラも専門家が査定し、高価で買取ります。
また、GoodServiceは、顧客の個人情報を保護する体制や設備があることを示すプライバシーマークを取得済みです。
秘密厳守はもちろん迅速な作業スピードも特長で、都合によっては申し込みをしたその日に回収・処分・買取り可能です。
Webサイトから予約すると、今なら10%オフのキャンペーンを実施中です。ぜひお問い合わせください。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内
  • 不用品回収

    不用品回収

    早い、安い、安心で確かな実績!面倒なことも全部お任せ。もちろん秘密厳守。

    不用品回収

  • お家まるごと

    お家まるごと

    一軒まるごとでも、お部屋まるごとでもお任せください。立会不要で楽チン片付け。

    お家まるごとお片付け

  • 遺品整理

    遺品整理

    想いに寄り添う丁寧なサービス。生前整理も。100%自社スタッフ対応です。

    遺品整理

  • 特殊清掃

    特殊清掃

    臭いやシミも全て消しとります。状況を踏まえた最善の清掃作業をご提案します。

    特殊清掃

  • 買取り

    買取り

    業務用から一般家庭用やブランド品、古いアンティーク品まで幅広く専門家が高価買取!

    買取り

  • 家屋解体

    家屋解体

    建て壊しなど、住宅から店舗の解体まで!解体に用いる重機は全部で14種類。

    家屋解体

  • ゴミ屋敷

    ゴミ屋敷

    汚部屋など手がつけられない状態でも大丈夫!あっという間にお片付けします。

    ゴミ屋敷お片付け

  • 粗大ゴミ回収

    粗大ゴミ回収

    運び出しが難しいような面倒な粗大ごみまで全て回収!お急ぎの場合でもOK!

    粗大ゴミ回収

  • 引越し時のゴミ回収

    引越し時のゴミ回収

    当日OK!見積もり後の追加請求は一切いたしません。リサイクル券の発行も。

    引越し時のゴミ回収

  • 雑貨等の寄付

    雑貨等の寄付

    使わない物を海外に寄付することで、子どもたちの笑顔をつくりませんか?

    リボーンプロジェクト

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。