お役立ちコラム

不用品の分別と処分方法

2018/11/07 不用品処分

一言で不用品の処分といっても、不用品にも様々な種類があり、その種類によって処分する方法は異なってきます。

ここでは、おおまかな部類分けと、その処分方法について紹介していきます。

まずは、自治体で処分することができないものです。

代表的なものは、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・パソコンなど、家電リサイクル法で決められている家電製品です。

そのため、不用品回収業者に依頼する、もしくは、自治体に相談して処分先を紹介してもらう必要があります。

次は、ソファやベッドなどの大きな家具です。

これらは、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用することができます。

しかし、自治体のサービスを利用するためには、事前の申請、料金の支払いが必要になります。

また、自治体によって回収できるもの、できないもの、料金は違っていますので、あらかじめ調べておく必要がありそうです。

それでは、いらなくなった服などはどうするのでしょうか。

服や靴などは、リサイクルショップに持って行って買い取ってもらうという方法が考えられます。うまくいけば、それなりの金額になるでしょう。

その他には、資源ごみとして出す方法、燃えるごみとして出す方法です。これらの区分は自治体によって異なりますので、確認しておきましょう。

その他に考えられるのは、本やCDなどです。

気付けば知らない間に溜めこんでいた本やCDは、多いのではないのでしょうか。

これらもリサイクルショップに持っていく、古本屋に持っていくという方法があります。

ごみとして捨てるよりも、良い処分の仕方ではないのでしょうか。

すべての不用品の処分に共通していることは、業者に依頼することができるところです。

不用品の回収業者は様々な形態をとっていますが、自宅まで引取りに来てくれる業者も多いです。

そういった業者を利用することによって、より簡単に不用品を処分することができます。

また、まとめて査定を行ってもらう事によって、単体では引取り料を払う必要のあるものも相殺される可能性もでてきます。

不用品回収業者には様々な種類がありますが、サービスの内容や形態に違いがでてきます。

自分に合った回収業者を選んで、いっそのことまとめて処分してもらうことも1つの手ではないのでしょうか。

不用品の種類や状態によって回収方法や処分の方法が多種多様にあるので、一度不用品の査定をしてもらってはいかがでしょうか。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内
  • 不用品回収

    不用品回収

    早い、安い、安心で確かな実績!面倒なことも全部お任せ。もちろん秘密厳守。

    不用品回収

  • お家まるごと

    お家まるごと

    一軒まるごとでも、お部屋まるごとでもお任せください。立会不要で楽チン片付け。

    お家まるごとお片付け

  • 遺品整理

    遺品整理

    想いに寄り添う丁寧なサービス。生前整理も。100%自社スタッフ対応です。

    遺品整理

  • 特殊清掃

    特殊清掃

    臭いやシミも全て消しとります。状況を踏まえた最善の清掃作業をご提案します。

    特殊清掃

  • 買取り

    買取り

    業務用から一般家庭用やブランド品、古いアンティーク品まで幅広く専門家が高価買取!

    買取り

  • 家屋解体

    家屋解体

    建て壊しなど、住宅から店舗の解体まで!解体に用いる重機は全部で14種類。

    家屋解体

  • ゴミ屋敷

    ゴミ屋敷

    汚部屋など手がつけられない状態でも大丈夫!あっという間にお片付けします。

    ゴミ屋敷お片付け

  • 粗大ゴミ回収

    粗大ゴミ回収

    運び出しが難しいような面倒な粗大ごみまで全て回収!お急ぎの場合でもOK!

    粗大ゴミ回収

  • 引越し時のゴミ回収

    引越し時のゴミ回収

    当日OK!見積もり後の追加請求は一切いたしません。リサイクル券の発行も。

    引越し時のゴミ回収

  • 雑貨等の寄付

    雑貨等の寄付

    使わない物を海外に寄付することで、子どもたちの笑顔をつくりませんか?

    リボーンプロジェクト

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。