お役立ちコラム

布類の処分方法に困った時はどうする?

2021/04/08

お布団や衣類などの正しい処分の仕方を知っていますか?

敷かれた布団のイラスト

燃えるゴミに出していいのかそれとも粗大ごみとして出す必要があるのか、わからない方はいませんか?

間違ったゴミの出し方をしてしまい回収されずトラブルになるかも、と不安に感じる方もいるかと思います。

またそこまで頻繁に出る種類のゴミではないためそもそも処分したことないというかたもいるのではないでしょうか。

今回はそんな布類の処分の仕方についてお伝えさせていただきます。

布類は資源ごみへ!

パッチワークのイラスト

あくまで一例ですが名古屋市では布類は資源ごみに出すようになっています。

ただし、綿が入ってるもの(布団やダウンジャケット等)は資源ごみとして出せません。

ほかにも絨毯やカーペットも資源ごみとして出すことはできません。

絨毯やカーペットは粗大ごみ対象です。

粗大ごみ手数料を支払って回収してもらう必要があります。

基本的に衣類やタオルケット、カーテン等は資源ごみとして出すことができます。

自分では判断が難しいな、という場合はそれぞれ自治体に確認してみるのが一番良いです。

憶測だけで処分してしまい結果回収してもらえなかったとなると二度手間になってしまいます。

布類の資源ごみは品目によって分類する必要がなく、指定のゴミ袋に詰めて指定の収集場に持っていくだけでよいです。

また雨などで濡れてしまうとリサイクルができなくなるため注意する必要があります。

回収場所に持っていく際はしっかり袋を閉じるようにしましょう。

資源ごみとして回収されたものはどうなるの?

衣類などはまだ使えるものの場合はリユースされたり工業用の清掃道具で使われたりします。

 

弊社でもさまざまなものの回収を承っています。

粗大ごみや資源ごみに出すだけなので捨て方は確かに難しくはありませんが量が多いとなかなか捨てるのに根気がいります。

そういった場合、弊社のような業者を利用することによって簡単に処分することもできます。

お気軽にご相談ください。

LINEメールでも対応しているので電話しづらい場合でも対応可能です。

前の記事 一覧へ戻る

テレビCM放送中!

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。