お役立ちコラム

割れ物の処分方法に困った時はどうする?

2021/01/13

正しい割れ物の処分方法を知っていますか?

割れたガラスのイラスト(フロートガラス)

割れてしまった鏡や食器、ガラスの正しい捨て方を知っていますか?

そのままごみ袋に入れてしまっては怪我をしてしまう可能性があります。

今回は扱いにくそうな割れ物の処分方法についてご紹介したいと思います。

割れ物の捨て方

卓上鏡のイラスト

自治体によって分別の方法が異なります。

不燃ごみとして捨てられるような場合もあれば

大きな姿見やガラステーブルなどの場合だと粗大ごみとして出す必要があります。

一般ごみとして捨てられるとしてもそのまま袋に入れてしまっては

袋が破れてしまったり怪我をしてしまう可能性があります。

厚紙や新聞紙などで包んでからごみ袋に入れることをお勧めします。

地域によっては包んだ紙や布に「ワレモノ注意」、「キケン」と記しておく必要があります。

袋に入れる際には大量に入れてしまうと重みで袋が破れてしまう可能性があります。

単体で袋に入れるのが一番安全です。

また片手で持てるような重さを心がけましょう。

軍手や厚手のビニール手袋などをして作業をすると事前に怪我を防げるかと思います。

包む際には怪我に十分気をつけましょう。

ただ中には自分で割れ物を処分をするには怖くて触れない、という方も少なくないと思います。

 

弊社では割れ物の回収も承っています。

現場スタッフがお伺いして搬出作業までさせていただくのでお客様自身が何かしなくてはいけないということはありません。

安心して危険物を捨てることができます。

また一緒に他の使わなくなったものも回収することができます。

気になる方はお気軽にお問合せください。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

テレビCM放送中!

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。