お役立ちコラム

大量の古本を処分する方法は?高く買い取ってもらうコツを紹介します

2022/02/28

「大量の本があり、処分に困っている」
「できるだけ高く古本を買い取ってほしい」

このようなお悩みを抱えている人もいるでしょう。本は場所を取るため、増えていくと置き場所に困ります。また、購入時にはそれなりのお金を支払ったため、できるだけ高く買取してほしいと望む人もいるでしょう。

本記事では、大量の古本を処分する方法とあわせて、高く買い取ってもらうコツ、注意点などをご紹介します。

大量の古本の処分方法6選

大量の古本を処分する方法は、主に以下の6つがあります。

  • 資源ごみとして処分
  • 古本屋に売る
  • フリマサイトを活用
  • 図書館などに寄付
  • 古紙回収センターに持ち込む
  • 不用品回収業者を利用

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

➀資源ごみとして処分する

大量の古本は、資源ごみとして処分する方法があります。

処分の手間 大量の古本を紐で縛る
かかる費用 なし
かかる時間 資源ごみの回収日に合わせて指定の場所に持っていく

大量の古本を資源ごみとして出せば、費用をかけずに処分できます。燃えるごみとしても出せますが、古本はリサイクルできるため、資源ごみとして出せます。

資源ごみとして出す際は、自治体のルールに従いましょう。決められている回収日に合わせて、指定場所に持参します。また、本がバラバラにならないように、紐で縛るようにしましょう。

メリット

  • 費用がかからない

注意点

  • 回収日に合わせて持参する必要があり、タイミングを逃すと次の回収日まで本を処分できない

②古本屋に売る

古本屋に売る方法もあります。

処分の手間 古本屋に本を持参
かかる費用 なし
かかる時間 本の査定に時間がかかる

古本屋に大量の古本を持参すれば、その場で査定して、買取してもらえます。古本屋に持参する手間はかかりますが、費用は一切かからない上に、買取によって、お金を得られるでしょう。

ただし、大量の古本委は査定に時間がかかります。また、他の人が査定をしていると順番を待つ必要があり、かなりの時間を要する場合もあります。

メリット

  • その場で本を買取してもらえる

注意点

  • 待ち時間がある

③フリマサイトを活用する

フリマサイトを活用する方法もあります。

処分の手間 フリマサイトへの出品、決済や包装
かかる費用 なし
かかる時間 商品の写真撮影や説明に時間がかかる

フリマサイトを利用すると、自分で好きな価格に設定し、売ることが可能です。価値がある本や人気の本は、思った以上の高値で売れる可能性もあります。出品するために費用はかかりませんが、商品の写真撮影のほか、商品の状態説明の記載が必要です。売れた後も包装をして送るなど、手間と時間がかかります。

メリット

  • 自分で価格設定ができる
  • 人気の本は高値が付く

注意点

  • すぐに売れるわけではない
  • 商品の写真や説明文の記載など、出品の手間や、決済や包装に時間がかかる

④図書館などに寄付する

図書館などに寄付する方法もあります。

処分の手間 図書館に持参する
かかる費用 なし
かかる時間 寄付できる本とできない本の選別

図書館に寄付する場合、費用はかかりませんが、状態がいいものでなければ寄付はできません。また、事前連絡なしに寄付はできないため、寄付したい場合、まずは図書館に連絡する必要があります。

メリット

  • 地域の人に活用してもらえる

注意点

  • すべての本が寄付できるわけではない
  • 事前に連絡が必要

⑤古紙回収センターに持ち込む

古紙回収センターに持ち込む方法もあります。

処分の手間 紐で縛る
かかる費用 なし
かかる時間 古紙回収センターへ持参

古紙回収センターは、地域によって名称が異なる場合もありますが、地域に設置されているリサイクル品を回収するボックスです。場所によってはポイントが貯まったり、景品がもらえたりするところもあります。費用はかかりませんが、古本を紐で縛るなど、持参する手間や時間はかかります。

メリット

  • いつでも処分できる
  • ポイントが貯まるところもある

注意点

  • 持参しなければならない

⑤不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用する方法もあります。

処分の手間 なし
かかる費用 有料(処分する量によって費用は異なるため、要問い合わせ)
かかる時間 即時対応してくれる業者もあり、時間はあまりかからない

不用品回収業者を利用すると、即時対応してくれます。不要な本が大量にあっても、自分で運び出す必要はありません。処分費用はかかりますが、需要がある本であれば、買取もしてもらえます。また、本だけではなく、ほかの不用品の回収も同時に行ってもらえるので、本以外にも処分したいものがある場合にもおすすめです。

メリット

  • 即時対応してくれる
  • 大量の本を楽に処分できる
  • 買取をしてくれる場合あり
  • ほかの不用品も回収してもらえる

注意点

  • 費用がかかる

大量の古本を高く買い取ってもらうためのコツ

大量の本を高く買い取ってもらうためのコツは、2つです。

  • 綺麗な状態で査定してもらう
  • 信頼できる業者に依頼する

それぞれのコツを見ていきましょう。

➀綺麗な状態で査定してもらう

高く買い取ってもらうためには、綺麗な状態で査定してもらいます。汚れやほこりがあれば査定額に響くため、査定前に少しでも汚れやほこりを落としましょう。はたきやモップをした後、乾いたタオルや布で拭けば、綺麗になります。

②信頼できる業者に依頼する

信頼できる業者に依頼するのも、重要です。古本屋は、古本に関してのプロだから安心できるということはありません。中には不法投棄をするような悪徳な業者もあります。古本屋にせよ、不用回収業者にせよ、信頼できる業者に依頼しましょう。

本を処分する際の注意点

本を処分する際の注意点は、3つあります。

  • 一般ごみに出さない
  • 買取可能な本は限られている
  • 大量の本の運び出しには注意が必要

それぞれの注意点について見ていきましょう。

一般ごみに出さない

本は、一般ごみに出さないようにしましょう。本は可燃物のため、一般ごみとして出せばいいと思う人もいるかもしれませんが、本はリサイクルできる資源物です。大切な資源は、リサイクルして生まれ変わらせるためにも、一般ごみに出さないように注意してください。

買取可能な本は限られている

買取可能な本は、限られています。不要な古本はすべて買取してほしいと思うでしょうが、すべての本が買取可能なわけではないため、注意しましょう。

たとえば、以下のような古本は、拒否される可能性があります。

  • 教科書
  • 百科事典
  • 週刊誌
  • ISBNコードがない本
  • 付属品が欠けている本
  • 保存状態が著しく悪い本

買取の判断は、業者や店舗ごとに異なります。買取不可に納得がいかない場合は、違う業者や店舗を利用しましょう。

大量の本の運び出しには注意が必要!

大量の本を運び出す際は、注意が必要です。本一冊はそこまで重さは気になりませんが、大量になるとかなり重く、運び出しは大変です。とくに中高年以上の方は、本を落として怪我をしたり、運び出しの際に家を傷つけたりする可能性もあります。自分での運び出しに不安がある場合は、不用品回収業者や、出張買取が可能な古本屋を利用しましょう。

まとめ

大量の古本を処分する方法は、6つあります。

  • 資源ごみとして処分
  • 古本屋に売る
  • フリマサイトを活用
  • 図書館などに寄付
  • 古紙回収センターに持ち込む
  • 不用品回収業者を利用

本は資源物のため、リサイクル可能です。古本屋やフリマサイトを使用すれば、古本をお金に換えられます。ただし、自分で持参するなどの手間がかかります。運び出しなどの手間をかけず、一気に大量の本を処分したいなら、不用品回収業者を利用しましょう。

古本の処分や、遺品整理でお悩みでしたら「GoodService」にご相談ください。ご自宅までお伺いするため、大量の本もご対応いたします。お気軽にご連絡ください。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内
  • 不用品回収

    不用品回収

    早い、安い、安心で確かな実績!面倒なことも全部お任せ。もちろん秘密厳守。

    不用品回収

  • お家まるごと

    お家まるごと

    一軒まるごとでも、お部屋まるごとでもお任せください。立会不要で楽チン片付け。

    お家まるごとお片付け

  • 遺品整理

    遺品整理

    想いに寄り添う丁寧なサービス。生前整理も。100%自社スタッフ対応です。

    遺品整理

  • 特殊清掃

    特殊清掃

    臭いやシミも全て消しとります。状況を踏まえた最善の清掃作業をご提案します。

    特殊清掃

  • 買取り

    買取り

    業務用から一般家庭用やブランド品、古いアンティーク品まで幅広く専門家が高価買取!

    買取り

  • 家屋解体

    家屋解体

    建て壊しなど、住宅から店舗の解体まで!解体に用いる重機は全部で14種類。

    家屋解体

  • ゴミ屋敷

    ゴミ屋敷

    汚部屋など手がつけられない状態でも大丈夫!あっという間にお片付けします。

    ゴミ屋敷お片付け

  • 粗大ゴミ回収

    粗大ゴミ回収

    運び出しが難しいような面倒な粗大ごみまで全て回収!お急ぎの場合でもOK!

    粗大ゴミ回収

  • 引越し時のゴミ回収

    引越し時のゴミ回収

    当日OK!見積もり後の追加請求は一切いたしません。リサイクル券の発行も。

    引越し時のゴミ回収

  • 雑貨等の寄付

    雑貨等の寄付

    使わない物を海外に寄付することで、子どもたちの笑顔をつくりませんか?

    リボーンプロジェクト

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。