用語集

チョーキング

チョーキング(ちょーきんぐ)

チョーキングとは

チョーキング、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

白亜化現状ともいわれています。

チョーキングとは建物の外壁を触った際、粉っぽいもの(チョークの粉のようなもの)がついていることを指します。

ほこりや汚れとは違い、塗装が劣化してきた際に発生します。

主に雨や紫外線、風などの外的要因からチョーキングが発生することが多いです。

また、まれに塗料がきれいに混ざっていないまま塗装をした、高圧洗浄をまともに行われなかったなどの施工が原因で発生する場合もあります。

触って粉がついたり濡れた際に変色しているのがチョーキングのサインです。

濃い色の外壁より白、淡い色の外壁のほうがチョーキングが起きやすくなっています。

チョーキングを放置してしまうと防水性や耐久性が落ち続け、カビができてしまったりひび割れ(クラック)を起こしてしまいます。

 

チョーキングを修復するには高圧洗浄で汚れをしっかり落とし、下塗りをして最後に上塗りをします。

劣化していくのはしようがないことですから、チョーキングを防ぐ方法はあまりありません。

外壁塗装をする際の業者さんをしっかり選ぶようにしましょう。

テキトーに施工してしまう業者さんを選んでしまうと汚れをしっかり落とさないまま塗りを始めたり塗りもままならないまま終えてしまったりしてすぐまたチョーキングが起こってしまう場合があります。

ひび割れやカビが生えるのが怖いからできるだけ早く施工をしてほしいと思う気持ちもわかりますが、業者さん選びは慎重に選ぶようにしましょう。

 

弊社ではハウスクリーニングも対応しています。

また、不用品の回収であったり遺品整理も対応しているので様々な業者さんを選ぶことなく弊社だけで済ませることもできます。

お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。