用語集

位牌

位牌(いはい)

位牌は亡くなった日時や名前、俗名が掘ってある表札のようなもの、または故人の象徴になるようなものです。現在は主に仏教徒で使用されています。先祖を祀るために葬儀の際に用いられるもので位牌には故人の魂が依り憑き故人の霊が宿る場所といわれています。仏壇は故人が眠る家だと思われがちですが本来はいわば小さなお寺のようなものです。そして位牌は故人の魂が帰ってこられるようにするための目印のようなものという認識が一番わかりやすいのではないでしょうか。

戒名や没年月日、享年などを掘るまでに基本的に2週間ほどかかるのではやめに仏具のお店や業者さんに相談して注文をする必要があります。またすぐに作り直せるものではないので必ず誤字脱字がないかを確認し、業者間でも定期的に確認をすると良いでしょう。昨今では機械彫りの場合は1週間に満たない期間で出来上がる場合もありますが手彫りの場合だとやはり2週間程度の幅を見ておくと良いでしょう。位牌はお寺さんが用意するものではなくて遺族間で用意をするものなので注意しましょう。

後飾りを使う四十九日までは白木でできた位牌が使われます。四十九日までは基本的に白木でできた仮の位牌が使われます。四十九日を過ぎたら使われるのは本位牌(漆塗りされた金文字の位牌)が使われます。必要のなくなった白木位牌は菩提寺に納められるか焚き上げ供養を行います。本位牌を使う際まずはじめに開眼供養をします。開眼供養を行うことによって魂が宿ります。基本的は本位牌は漆塗りされていることが多いですが昨今では部屋になじむようモダン調であったりクリスタル加工されたものやカラフルに彩られた位牌もあります。現代の位牌は故人の好みに合わせられるものになっています。位牌は故人の魂が宿るものになるので故人に合わせた位牌が作られるのは素敵なことなのではないでしょうか。とても華やかであった人などにカラフルな位牌を使うことによって生前と変わりなく接することができるのではないでしょうか。ただし位牌を選ぶ際、すでに先祖の位牌がある場合はそれらと同じ程度の大きさが一回り小さいものを選ぶようにしましょう。安置する場所が狭い場合は複数人の戒名を1つの位牌にまとめることも可能です。

 

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。