用語集

終活

終活(しゅうかつ)

終活とは

終活とは「人生の終わりのための活動」の略で残された家族になるべく負担や迷惑をかけないように自身でできるだけ今後の準備をすることです。

このような意味のほかにも自分の最期を考えることによって今までの自分を見つめなおすことができ、最後まで限られた時間を悔いのないよう過ごす方法を考えなおすこともできる自身にとっても大切な活動でもあります。終活に関するイベントを行っている地域もあるのでまずは気軽な気持ちで参加してみてはいかがでしょうか。

主な内容

エンディングノートや遺言書を準備する。

例えば遺産相続の分配や葬儀の執り行い方や埋葬の仕方をエンディングノートにまとめておくと良いでしょう。

エンディングノートに書く内容として主に取り上げられることはお葬式に呼んでほしい知人や友人のリストを作る、遺品用の写真を選別する、臓器提供など意思表示をしておくことなどです。

お葬式を行うまでの期間はとても短いです。役所に向かったり様々な書類の提出をしたり業者の手配やさまざまな執行手続きなどもあります。少しでも遺族の方々の負担を減らせるような事柄をまとめておくと良いかもしれません。

エンディングノートは遺言書と異なり法的な拘束力は有りません。手続きやしておいてほしいことなど置き手紙のような感覚で記しておくと良いでしょう。逆に遺言書は書き方に決まりがあり、間違えてしまうと効力をなくしてしまう可能性があります。

また遺言書を勝手に開けることはできず、家庭裁判所で初めて開けることができます。遺産相続やお墓の手配などさまざまな手続きや時間が必要なものはこちらに記しても良いとは思いますがそれ以外の遺品整理であったり葬儀の内容であったりとすぐに伝えたいことはエンディングノートに記す方がよいでしょう。

ほかにも物などの整理(生前整理)残った人たちが遺品整理を行わなくてもいいように自身にて最低限までに持ち物を減らすなど身の回りの整理をするも大切な作業です。その際には大事な書類や住民票、年金手帳、印鑑などはまとめておいておくことで遺族の方が処理しやすくなります。そうすることで手続きをする際の負担がかからずスムーズに進めることができます。

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。