用語集

遺品整理士

遺品整理士(いひんせいりし)

思い出の「遺品」を整理するということ

故人の遺した遺品を整理するということは、これまでの日本では主に遺族が行ってきました。「形見分け」という言葉もありますが、故人を偲び、手元に残しておくものと不要なものを分けていきます。残された遺族が気持ちを整理する、また故人の思いのこもった品々を「供養する」という点でも、ただいらなくなった物を仕分けて捨てるということではないのが遺品整理です。

 

遺品整理士の存在意義とは

本来であればそのように遺族が行うことの多い遺品整理ですが、核家族化の進む現代社会ではなかなかそういかないのが現状です。遺族が遠方に住んでいることも珍しくないですし、少子高齢化で、片付けを手伝える体力のある親族の数が減っているということもあります。また、リサイクルが進む一方で、物の捨て方が複雑化しています。昔は簡単に捨てることのできたものが、どのように処分したらいいかわからない・・・しっかり供養をしたいが、お寺との付き合いがない・・・遺しておくべきものがわからない・・・そういった悩みを抱える遺族を助けるためにできた資格が、「遺品整理士」です。専門的な知識と経験を基に、遺族へ形見分けのアドバイスを行います。所属している遺品整理業者によっては、仏壇の魂抜きや遺品の供養をするためのお寺を紹介している場合もあります。

遺品整理の業者は年々増加しており、また需要も増えていますが、残念ながら法整備が間に合っておらず、違法な処理をしている業者が少なからず存在します。不用品を不法投棄し、提示する金額を安く見せようとしたり、知識がないゆえに価値のあるもの捨ててしまう業者もいます。遺品整理士認定協会は、遺族の方が安心して依頼ができるよう、遺品整理士の認定試験を行っています。全てではありませんが、遺品整理士の資格を持った業者もかなり増えてきています。遺品整理業者を選ぶ際には、資格を持っている業者かということをぜひポイントにしてみてください。

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。