用語集

磁気消去装置

磁気消去装置(じきしょうきょそうち)

パソコン廃棄時のデータ消去の必要性とは

オフィスはもちろん、家庭でも幅広く利用されるようになったパソコン。廃棄する数も増加していますが、個人情報など重要なデータが保存されていることも多く、その取り扱いには注意が必要です。

データを消去するには、データをごみ箱に移してごみ箱を空にする、削除操作をするなどが一般的です。また、ソフトで初期化(フォーマット)する、リカバリーCDを使って工場出荷状態に戻すといった方法もあります。

しかし、どの方法でも実はデータが見えなくなっているだけで、完全には消去されていないという可能性があるのです。ハードディスクに残っているデータは特殊なソフトウェアを使用すれば読み取ることも可能で、悪用される危険性もあります。そのため、データの流出を防ぐには、ユーザーが責任をもって完全にデータを消去することが必要です。

 

確実にデータを消去する方法とは?

完全にデータを消去するには大きく分けて3つの方法があります。一つは、専用のソフトウェアを使用する方法。ハードディスク上を無意味なデータで上書きするやり方で、データの書き込み方式や回数は様々です。家庭やオフィスで簡単に使用できる製品もあるため手軽な方法ですが、パソコン本体が稼動していない場合は利用できません。また、使用するソフトウェアにより、処理時間や信頼性が異なるといった一面もあります。

次に、ハードディスクを物理的に破壊するという方法があります。ハードディスクを取り出して壊せばいいので簡単だと思われるかもしれませんが、コーティングした素材などが飛び散るなどけがをする危険もありますので、専用の装置を使用するか、業者に依頼することをおすすめします。

 

強磁気を使った磁気消去とは

最後は専用の装置による強磁気でデータを消去する方法です。磁気消去装置は、ハードディスクのデータを構成する磁力の向きを、強い磁気を照射して破壊します。この方法で消去したハードディスクは再利用することができないため、悪用される恐れがなく安心です。また、パソコン本体やハードディスクが稼動しない場合でも対応できることも利点です。

ただし、磁気消去装置は非常に高額なため、家庭やオフィスで購入して使用することは難しいと思われます。専門の業者に依頼するのがよいでしょう。

パソコンの廃棄については、処理方法を指定して依頼できる業者もありますので、取り扱っていたデータの内容や重要度に応じて相談してみるとよいでしょう。

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。