用語集

御魂抜き・御霊抜き

御魂抜き・御霊抜き(おしょうぬき)

魂が宿ると考えられるお墓や位牌、仏壇など

お墓から遺骨を出す時や、仏壇を処分する際などに行う法要のことで、御性根抜き、閉魂法要、閉眼法要などとも言います。

もともと、多くの仏教の宗派では、お墓や位牌、仏壇を使い始める時には、僧侶によって御魂入れの儀式を行うことで、お墓や位牌、仏壇が単なる物ではなくなり、魂が宿ると考えられています。そのため、お墓や仏壇を処分する時には、そのまま動かしたり捨てたりすることはタブーとされ、宿っている魂を抜かなければいけません。

 

お墓や位牌、仏壇などを処分、移転する際などに行う儀式

主には、お墓を新たに建立したり、リフォームしたりする際、もしくは遺族の転居などに伴いお墓を移転する際など、お墓から遺骨を取り出す必要が生じた場合、僧侶の立ち会いのもと、お経をあげていただき、御魂抜きを行います。

仏壇に関しても同様です。経年劣化などによって仏壇を交換する際、転居などによって仏壇を引っ越す際などに、僧侶にお経をあげていただき、御魂抜きを行うのが一般的です。

また近年は、お墓の継承者や管理をする縁故者がいない、都会のマンション住まいなどで大きな仏壇を置けなくなったなど、家族のあり方や生活スタイルの変化に伴い、お墓や仏壇、位牌などを処分せざるを得ないというケースが増えています。

中でもお墓については、少子化高齢化や核家族化の浸透などにより、墓じまいをする人も増えています。墓じまいをする際にも必ず、先祖への感謝の気持ちを込めて、御魂抜きをするべきでしょう。

 

菩提寺や仏壇仏具店、遺品整理業者などに相談を

その他にも、引っ越しに際して壁に飾られていた遺影を処分したい、遺品整理をしていたら先祖の遺影が出てきたので移動や処分をしたい、仏壇に掛けられていた掛け軸を移動もしくは処分したいなど、対応に困るケースもあるようです。

御魂抜きを検討する際には、墓のある菩提寺や、仏壇仏具店、供養業者の他に、遺品整理業者に相談するという方法が考えられます。

最も一般的な相談先は菩提寺です。また仏壇を買い換える際などには、購入する仏壇店が引き取ってくれるケースもあり、仏壇店が懇意にしている寺で供養してくれます。また亡くなられた方の家を丸ごと整理する場合などには、遺品整理業者にまとめて相談することもできます。ただしその際には、遺品整理士認定協会の認定を受けている遺品整理士であるかどうかなど、信頼のおける業者を選ぶ必要があります。

整理したものを提携の寺院でしっかり供養してくれるかどうかなど、これまでの実績なども含めて、事前にしっかり確認をすることをおすすめします。

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。