用語集

古紙

古紙(こし)

リサイクルできる紙、古紙はいつからある?

古紙とは、一度使われた紙で再生、リサイクルできる紙のことです。古紙は家庭、学校、会社、店など身近な場所だけでなく、印刷工場、段ボール工場、新聞社など紙を使った業務を行っている所からも多く出ます。ただ、回収しなければ資源として使われることはなく、ごみになってしまいます。最近では環境問題に対する意識も高まり、古紙の回収に積極的に参加する人が増えました。

 

もともと、日本における紙リサイクルの歴史は古く、平安時代に貴族が仕事で使った紙を捨てる前に再利用したことが始まりとされています。江戸時代には使い終わった古紙を集める仕事があったそうです。時を経て生活が豊かになった1960年代、大量の紙が作られ、使われた紙がごみとして捨てられるようになると、紙のリサイクルの必要性があらためて叫ばれるようになり、現在のリサイクルの仕組みが作られたのです。

 

古紙は種類ごとに分別して出そう

古紙にはさまざまな種類があり、一般的によく知られるものとしては、新聞、段ボール、雑誌、雑がみ、飲料用パックなどがあります。リサイクルするためには、これらの古紙を分別して出すことが必要です。なぜなら、古紙はその品質や特徴に応じてそれぞれ異なる紙の原料になるからです。例えば新聞は新聞紙やコピー用紙を作る原料に、雑誌は菓子箱や書籍、段ボール箱を作る原料に使われます。段ボール、雑がみは段ボール箱、飲料用紙パックはトイレットペーパーを作る原料に用いられます。雑がみとは、新聞・雑誌・段ボール・紙パック・紙製容器包装以外の資源化可能な紙類のことです。

 

古紙回収、紙リサイクルの意義とは?

古紙を回収し、リサイクルする利点はいくつもあります。まず、ごみが減ること。1960年代には燃えるごみの半分近くを紙ごみが占めていることが問題となっていましたが、今では古紙回収が進んだおかげで、ごみの量が格段に減りました。そして、一度使われた古紙を繰り返し使うことで、紙の原料であるパルプを安定確保すると共に、資源を有効利用できるという利点もあります。さらに、新たに投入される木材(パルプ用材)の量を抑制できれば、森林資源の持続可能な利用を助けることにもつながります。古紙回収の仕組みを確立することで、わが国が目指す循環型社会の形成に大きく貢献することになるのです。

 

日本の高い古紙回収率

1970年当初は40%弱だった古紙回収率は、環境問題やごみ減量の施策、集団回収・行政の資源回収拡大などにより、2018年には81.5%まで伸びました。古紙利用率は1970年代当初は34%程度でしたが、2018年には64.3%を記録。分別によって品質の高い古紙を維持し、古紙を製紙原料に作り上げる古紙問屋や、その製紙原料を有効活用する製紙会社の努力が、実を結んだ結果といえるでしょう。

 

また、日本の古紙は海外へも輸出されており、2018年には、その量なんと378万トン。2000年以降、古紙回収量が国内消費量を上回るようになり、現在では回収された古紙の約20%が海外で消費されています。今や日本の古紙は、世界の紙リサイクルを支えるまでになったのです。

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。