用語集

検視(検死課)

検視(検死課)(けんし)

検察官の仕事「検視」とは

検視とは「1.事実を明らかにするために、事件の現場などをくわしく調査すること。2.検察官などが、変死者または変死の疑いのある死体について、その死亡が犯罪によるものかどうかを調べること(デジタル大辞泉より)」とされています。つまり、病院以外の場所で亡くなった場合や、かかりつけの医師が診察に関連した疾病が死因であると断定できない場合などに、検察官と医師が遺体を確認し、犯罪の疑いや事件性を判断することを指します。

原則として検察官が行うことになっていますが、検視官と呼ばれる司法警察員が代行することも可能です。検視官になるためには刑事として10年以上、もしくは殺人事件などの捜査に4年以上の経験が必要になり、警察大学校で法医学などの専門教育を受けなければいけません。

このように検視官への道が非常に狭き門であることなどから、検視を行う人材の人手不足が問題視されることも多く、原因不明な死や孤独死が増えている現代において、検視官のなり手を増やすことの重要性が取り上げられることもしばしばあります。

 

かかりつけ医がいない人の死は、どこに連絡すべき?

例えば近年増えている孤独死のような場合には、誰にも知られることなく自宅で息を引き取り、死後かなりの時間が経過してから発見されるケースも多くあります。そのような場合、所持品などから既往歴があったのか、その疾病以外に死因に結びつくような疑問点はないか、つまり殺人などの事件性や自殺、事故死、災害による死などの可能性がないかを判断するために遺体をくまなく調べます。

 

なお、家族や親しい人が自宅で亡くなる瞬間を看取った場合、診察後24時間以内で、診察した疾病による原因で死亡したことが確認されれば、死亡診断書を受けることができます。

ただし、かかりつけ医がいない、連絡が取れないなどのケースでは、検視が必要となるので、警察へ通報する必要があります。看取った人や第一発見者は、警察からの事情聴取などに応じ、遺体は警察署へ安置されて検視や検案を受けるというのが一般的な流れです。

検視を経て、犯罪性などがないと判断されると、死体検案書が交付されますので、遺体を引き取り、葬儀の手配などを進めることができます。

 

なお、同義語として「検視」のことを「検死」と表記されることもありますが、欧米では解剖も含めて「検死」と称するという見解があるなど使い分けが曖昧なため、日本では「検視」と表記することが多いようです。

一覧へ戻る

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内
  • 不用品回収

    不用品回収

    早い、安い、安心で確かな実績!面倒なことも全部お任せ。もちろん秘密厳守。

    詳しくはこちら

  • お家まるごと

    お家まるごと

    一軒まるごとでも、お部屋まるごとでもお任せください。立会不要で楽チン片付け。

    詳しくはこちら

  • 遺品整理

    遺品整理

    想いに寄り添う丁寧なサービス。生前整理も。100%自社スタッフ対応です。

    詳しくはこちら

  • 特殊清掃

    特殊清掃

    臭いやシミも全て消しとります。状況を踏まえた最善の清掃作業をご提案します。

    詳しくはこちら

  • 買取り

    買取り

    業務用から一般家庭用やブランド品、古いアンティーク品まで幅広く専門家が高価買取!

    詳しくはこちら

  • 家屋解体

    家屋解体

    建て壊しなど、住宅から店舗の解体まで!解体に用いる重機は全部で14種類。

    詳しくはこちら

  • ゴミ屋敷

    ゴミ屋敷

    汚部屋など手がつけられない状態でも大丈夫!あっという間にお片付けします。

    詳しくはこちら

  • 粗大ゴミ回収

    粗大ゴミ回収

    運び出しが難しいような面倒な粗大ごみまで全て回収!お急ぎの場合でもOK!

    詳しくはこちら

  • 引越し時のゴミ回収

    引越し時のゴミ回収

    当日OK!見積もり後の追加請求は一切いたしません。リサイクル券の発行も。

    詳しくはこちら

  • 雑貨等の寄付

    雑貨等の寄付

    使わない物を海外に寄付することで、子どもたちの笑顔をつくりませんか?

    詳しくはこちら

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。