用語集

3R

3R(すりーあーる)

循環型社会を目指すキーワード

「3R(スリーアール)」とは、「Reduce(リデュース)」、「Reuse(リユース)」、「Recycle(リサイクル)」の3つの言葉の頭文字をとった物。環境保護と経済活動を両立させた循環型社会を実現するためのキーワードです。戦後、大量生産、大量消費、大量廃棄のサイクルで発展を続けてきた日本経済は、鉱物資源の枯渇や廃棄物処理場のひっ迫などの問題に直面。廃棄物・リサイクルの問題への対応は、今後の日本経済の成長に関わる重要な課題であるとして、2000年には循環型社会形成推進基本法を制定。3Rの考え方が導入されました。

3つのRを詳しく紹介すると、①「Reduce」=減らす。使用済みになった製品がなるべくごみにならない形で製品を製造・加工・販売する。②「Reuse(リユース)」=繰り返し使う。使用済みの製品を回収して必要な処理を施し、再利用できるようにする。③「Recycle(リサイクル)」=再資源化する。廃棄された物でも再生資源として利用する。廃棄物処理やリサイクルは①~③の優先順位で行うものとされています。

また、「Refuse(リフューズ)」=拒否。ごみになるものを断る。「Repair(リペア)」=直す。壊れても直せる物は修理して使う。などの言葉を追加して、4Rや5Rと呼ばれることもあります。

 

官民が一体となって進めるべき取り組み

リサイクル問題では、国も各省ごとにそれぞれの分野で取り組んでいます。環境省は、廃棄物・リサイクル対策をはじめ、環境再生・資源循環全般について、経済産業省は3R政策について、農林水産省は食品ロス問題、国土交通省は建設リサイクルについて関連する情報を中心に発信。法律の整備、国民や事業者、地方公共団体などへの働きかけを行っています。特に環境省では循環型社会のライフスタイルを「Re-Style」として提唱し、若者を意識してサブカルチャーなどと連携したコンテンツを発信するなど、その活動や取り組みの浸透を広く呼びかけています。

 

消費者も身近なことから意識して行動を

3Rには、消費者と事業者がそれぞれの視点で取り組むことが求められています。消費者は、「Reduce」、「Reuse」、「Recycle」につながる行動をとること。事業者は、消費者が3Rを行いやすいような製品を設計、提供すること。両者が前向きに取り組むことによって、循環型社会が実現されていくと考えられています。

消費者にも、身近なことから意識して行動できる面が多々あります。分別や扱いづらい不用品の回収など個人での対応が難しければ、専門業者に依頼した方がスムーズなケースも。見積もりなど真摯に対応してくれる業者を選んで相談してみると良いでしょう。3Rを意識してできることから取り組めば、まだまだごみを減らすことができるはずです。

 

一覧へ戻る

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。