お役立ちコラム

使わなくなったサーフボードどうする?

2019/04/24 不用品処分

不要になってしまったサーフボードの処分方法についてご紹介いたします。代表的な処分方法は、小さく切り刻んで普通ゴミとして処分する、粗大ゴミとして処分する、不用品回収業者に依頼する、サーフボード買取の専門業者に依頼するという4つの方法です。買取業者に買い取ってもらう、また売却する際にはどのような点に注意しなければならないのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

マリンスポーツにはさまざまなアイテムが必要ですが、その中でもサーフボードは場所も取り、自宅で保管しておくのは大変です。

もう使わなくなったサーフボードを処分する方法としておすすめの方法や、処分する際の注意点について考えていきましょう。

・サーフボードの代表的な4つの処分方法

まずはサーフボードの代表的な処分方法をご紹介いたします。

自分にぴったりの処分方法はどれにあたるのか、よく考えてみてください。

 

・・1. 小さく切り刻んで普通ゴミとして処分する

費用をかけずに処分するのなら、普通ゴミとして処分する方法が一番です。

ただしサーフボードは大きいので、もちろんそのまま普通ゴミとして処分するわけにはいきません。

普通ゴミとして処分するには、小さく切り刻む必要があります。

 

カットするためにはガレージなどの大きな場所が必要であり、他の方の迷惑にならないように気を配る必要があります。

カットする場所がない、カットできるノコギリなどがないという場合には、余計な費用がかかってしまうことを留意しておきましょう。

 

・・2. 粗大ゴミとして500円〜1,000円程度で処分する

そのまま処分するなら、粗大ゴミとして処分するという方法があります。

自治体の粗大ゴミを取り扱う機関に連絡し、粗大ゴミ処分に必要な費用を支払います。

自治体によってもこの費用は変動しますが、500円から1,000円程度で処分できることがほとんど。

所定の場所、所定の日にちに粗大ゴミ置き場にサーフボードを持っていく必要があります。

 

・・3. 不用品回収業者に依頼して引き取ってもらう

地域の不用品回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。

不用品回収業者は、無料で引き取ってくれるところと、有料で引き取ってくれるところがあります。

 

有料の場合は、粗大ゴミとして処分するよりも高くなる可能性があります。

事前にどちらの方がお得か、考えてから選ぶようにしましょう。

 

・・4. サーフボード買取の専門業者に依頼する

サーフボードがまだ使えそうな場合は、サーフボードを買い取ってくれる業者に依頼して売却するという方法もあります。

マリンスポーツアイテムを取り扱う店舗に依頼すれば、不要になったサーフボードをお金に変えることができるでしょう。

 

総合買取業者などを利用する場合は、サーフボードは買取対象となっているのかを調べてみましょう。

 

・サーフボード処分時の3つの注意点

サーフボードを処分する際には、いくつかの点に注意しなければなりません。

ゴミとして処分する場合も、売却する場合も、事前にどんな点に注意が必要なのかを頭に入れておきましょう。

 

・・1. 地域のゴミの分類に注意する

普通ゴミとして処分する場合でも、粗大ゴミとして処分する場合でも、地域のゴミの分類に従って処分する必要があります。

サーフボードは何に分類されるかは地域によってもかなり違うので、不安な方は直接問合わせてみるのが一番です。

 

粗大ゴミとして処分する際は、処分するアイテムがサーフボードであることを伝えるときちんと処分方法を教えてもらうことができます。

 

・・2. 必要となる費用を確認したうえで処分方法を決める

処分には費用がかかるケースがあります。

粗大ゴミとして処分するとしても、不用品回収業者に引き取ってもらうとしても、どれくらいの費用がかかるのかは予め確認しておきましょう。

 

買取業者に依頼すればお金にすることができますが、不用品として処分することで思わぬ出費になる可能性もあります。

 

・・3. 売却する場合はライフスタイルに適した方法を考える

サーフボードを売却する場合は、売却方法について考えなければなりません。

近くにサーフボードを買い取ってくれる店舗がある場合はそちらに足を運んでもいいですが、ネットでの買取を受け付けている業者ならもっと高く買い取ってくれる可能性もあります。

 

店頭ですぐに取引できる店頭買取、自分のペースで準備を進めることができる宅配買取、自宅に査定スタッフが来てくれる出張買取など、あなたのライフスタイルに合った買取方法を選ぶことも必要です。

 

また、個人でオークションサイトやフリマアプリに出品すると自分で設定した価格で売却することができます。

自分にぴったりの売却方法を探して、スムーズに取引を行えるようにしていきましょう。

 

【まとめ】

・サーフボードを賢く処分しよう

不要になったサーフボードの処分方法についてご紹介いたしました。

サーフボードの処分方法には、細かくカットして普通ゴミとして処分する、粗大ゴミとして処分する、不用品回収業者に引き取ってもらう、さらに買取業者に売却するというものがあります。

それぞれの特徴や料金をしっかり把握して、自分にはどの方法が最適なのかを考えてみてくださいね。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。