お役立ちコラム

猫砂の処分方法に困った時はどうする?

2021/01/11

正しい猫砂の処分の仕方知っていますか?

猫のイラスト「目がハート」

猫砂の処分の仕方を知っていますか?

たかが猫砂でも捨て方がかなり複雑です。また、お住まいの地域によって差があります。

自治体によってはそもそも砂が捨てられなかったり、糞の回収はしていなかったりといろいろあるようです。

気にせずそのまま捨てていたら回収されなかった、トラブルになってしまったということにならないためにも

今回は猫砂の捨て方についてご紹介します。

猫砂の捨て方

猫砂の上で踏ん張る猫のイラスト

猫砂は原則購入した表記されている方法で捨てます。

但し、自治体によっては表記されている内容で捨てることができない場合もあります。

ですので事前に自治体での猫砂の捨て方を確認しておく必要があります。

猫砂は基本的にトイレに流すことはお勧めできません。

なぜなら浄化槽に猫砂が溜まってしまうと業者さんのメンテナンスが大変だからです。

最近では貯水タンクがなかったり流れる水の量が少なかったりするトイレもあります。

その場合、重たい猫砂は流れにくく詰まってしまう可能性もあります。

鉱物系の猫砂だと尚のこと、トイレに流すのは良くありません。

自治体の方針でトイレに流すよう言われている場合は必ずトイレに流せる猫砂を使いましょう。

また流す際にも一度にまとめて流すのではなくこまめに流すことをお勧めします。

大量の猫砂を流してしまうと詰まってしまったり浄化槽内のバクテリアが処理しきれなくなってしまうことがあります。

結論と注意

猫のイラスト「ひらめいた顔・驚いた顔・焦った顔・悩んだ顔」

自治体によっては猫砂の材質によって処分方法が異なっていきます。

鉱物系の猫砂でも可燃ごみとして捨てられたり、金属ごみとして捨てられたりとさまざまです。

捨て方が分からない場合は一度、お住まいの自治体のHPを調べたり問い合わせてみると良いでしょう。

そのまま可燃として捨てられたり糞はトイレに流して残った砂は紙に包んで可燃として捨てるなど

自治体によってかなり変わっていきます。

ごみとして捨てられるような場合でも大量に袋に詰めてしまうと破れたり搬出する際に重たくなってしまったり

砂として判別されて回収してもらえなくなってしまう場合もあります。

一般ごみとして捨てる際にも小分けにしてこまめに捨てると良いでしょう。

猫ちゃんをお迎えする前に一度捨て方について調べておくと安心して猫砂を捨てることができます。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

テレビCM放送中!

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。