お役立ちコラム

不用品を売る方法|売れるまでにかかる時間や金額(目安)についてもあわせて紹介します

2020/07/22

引越しや家の整理などで出る不用品は量が多いこともあり、すべてを処分するとお金がかかりやすいものです。不用品を少しでもお得に処分したいなら、売ることで費用を節約できます。

 

この記事では不用品を売る(処分する)方法について具体的に紹介しています。たとえば、リサイクルショップや買取業者、引越し業者、不用品回収業者を利用する方法です。フリマアプリやネットオークションもあります。これらの方法を実際に利用した場合にかかる時間や、金額の目安も解説しているため、売るときの参考にしてください。

・不用品を売る(処分する)方法とは

・不用品の売り方(処分方法)の種類と特徴

・不用品、売れるまでに(処分するまでに)どれくらいの時間がかかる?金額はどれくらい?

・不用品として売れない物(買い取ってもらいにくいもの)は?

・まとめ

不用品を売る(処分する)方法とは

引越しや家の片付けで不用品が出たとき、すぐに「捨てる」ことを考える人もいますが、不用品を片付けるためには「売る」方法もあります。ある人にとっては不要なものでも、別の人にとっては必要だったり、価値があるものと思えたりすることもあるからです。

 

高齢の家族に代わって家の整理をして出た不用品などでも、売ることにより出費どころか収入を得られる場合もあります。見積もりやキャンセル料が無料の業者は気軽に相談がしやすいため、ただ捨ててしまう前に売る方法も一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

どこに売る?(どうやって処分する?)

不用品を売る方法には大きく分けて、買取・回収サービスを利用する方法と自分で直接売る方法があります。買取・回収サービスを行っているのは、リサイクルショップ・買取専門業者・引越し業者・不用品回収業者などです。一方、自分で直接売る場合は、フリマアプリやネットオークションなどを利用します。

 

これらのいずれの方法でも売れなかったものは、各自治体のルールに従って廃棄することになります。

 

売りたい(処分したい)ものによって、それぞれ適した方法を選ぶ

先述のとおり、売る方法はいろいろあり、それぞれに異なる特徴があります。売りたいものに適した方法を上手に選んで使い分けましょう。次の段落で処分方法ごとの特徴を詳しく紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

 

不用品の売り方(処分方法)の種類と特徴

売りたいものに適した方法を選ぶためには、売り方の種類や特徴をきちんと把握しておかなければなりません。ここでは、売り方ごとの利用手順やどのような人に向いているかなどについて具体的に紹介します。

 

フリマアプリやネットオークションで直接売る

フリマアプリやネットオークションは売りたい人と買いたい人がネット上で取引できるサービスです。売値を提示して出品すると、その値段で買いたい人が購入します。一方、ネットオークションは買い手側が購入希望価格を入札し、最高額の希望額を提示した人が落札者となり購入するシステムです。

 

売りたいものの相場が決まっているものはメルカリなどのフリマアプリ、いくらで売ることが適正か市場価格がわからないものはヤフオク!などのネットオークションというように使い分けるとよいでしょう。

 

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップは不用品の買取・販売をしているお店で、幅広いジャンルのものを買取対象としています。二次流通で再販売されるため、査定後に提示された金額に了承すれば、お金も受け取れて不用品も引き取ってもらえます。

 

買取方法はお店によって異なり、店頭買取、宅配買取、出張買取があります。通常は、店頭買取だとその場で、出張買取や宅配買取だと後日振込みなどでお金を受け取ります。自分で売る場合に必要な商品の説明や発送手続きなどの手間を省きたい人に便利な方法です。

 

買取専門店の買取サービスを利用する

買取専門店は、その名のとおり「ものの買取」を専門としているお店です。リサイクルショップと同じく、店頭、宅配、出張などの方法により、査定を受けたうえで買取依頼を出します。買い取ってもらった不用品は再利用されるため、お金をもらうことができます。

 

買取専門店の特徴は、特定のジャンルのものを専門とした買取サービスを行っているお店が多いことです。一定のジャンルのものを特化して扱っているお店では、専門知識のある鑑定のプロが査定を行います。そのため、特定の層に高い人気がありそうなものを適正価格で売りたい人などにおすすめです。

 

引越し業者の買取サービスを利用する

引越し業者のなかには引越しサービスとあわせて不用品の回収や買取を行っているところもあります。通常は、見積もりも回収や買取作業も引越し手続きと同時に手順を進めていくため、引越しのタイミングにあわせて不用品を処分したい人に便利です。

 

引越し業者の買取サービスを利用すると、引越し業者と不用品の回収業者を別々に手配する手間がかかりません。さらに、引越し直前まで使いたいものがある場合でも、当日まで手元に残しておけます。

 

ただし、買取や回収対象となるものの種類が制限されていることもあるため要注意です。また、値段がつかないものも含めて引き取ってもらえますが、引き取り料金が発生する場合があります。

 

不用品回収業者の回収・買取サービスを利用する

不用品回収業者は自治体から「一般廃棄物収集運搬業許可」を受けて不用品の回収を行っている業者です。実際に売れるか売れないかにかかわらず、さまざまなものをまとめて回収してくれます。対応が早いところが多く、時間をかけずに片付けたい人に適した方法です。

 

見積もり後、提示された金額に納得ができたら日程を相談し、回収に来てもらいます。不用品をそのまますべて引き取ってもらう回収は費用が発生するケースもありますが、不用品を引き取ってもらってお金ももらえる「買取サービス」を行っている業者もあるため、上手に利用しましょう。

 

各自治体の取り決めに従って処分(廃棄・回収依頼)する

民間のサービスを利用する以外に、自分が住んでいる自治体のごみとして不用品を処分する方法もあります。回収してもらえるものや日時、場所、分別や処分の方法などのルールは自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。

 

自治体により、前もって回収の予約が必要だったり、コンビニエンスストアなどで販売している有料のシールを貼り付けなければならなかったりなど、細かな決まりがあります。一般的には民間のサービスよりもリーズナブルな価格で回収してもらえるため、費用を抑えて処分したい人におすすめの方法です。

 

不用品、売れるまでに(処分するまでに)どれくらいの時間がかかる?金額はどれくらい?

不用品をスムーズに片付けるには、売り切るまでにかかる時間や金額の目安を把握しておくと安心です。売れるタイミングを逃してしまったり、いざ処分するときになって慌てたりせずに済みます。

 

売れる(処分)までにかかる時間

フリマアプリやネットオークションは、売る時期や取引相手によってかかる時間が異なります。需要が高まっているタイミングで出品すれば早くに取引成立となりますが、購入希望者が現れなかったり、購入者との連絡がスムーズに行えなかったりすると、売れるまでに時間がかかります。

 

即時買取が基本のリサイクルショップは、店頭買取であればお金を受け取るまでに時間はかかりません。買取専門店も持ち込めばその場で買い取ってもらえますが、日程調整が必要な出張買取や運送に時間を要する宅配買取だと、持ち込む場合に比べて時間がかかります。査定に時間を要することもあるため1週間程度が目安です。

 

引越し業者や不用品回収業者は見積もり依頼から始めなければなりません。しかし、引越し業者は引越し日にまとめて、不用品回収業者はさまざまなアイテムがあっても一括で回収を行うため不用品が多い場合でもスムーズです。

 

どれくらいの金額で売れるか?(処分できるか?)

不用品を売って実際に手に入る金額は、売り方や品目によってさまざまです。たとえば、買取サービスを利用する場合、市場の需要の影響を大きく受けます。どれだけ状態がよいものでも市場の需要がないと査定額が低くなったり、買い取ってもらえなかったりすることが通常です。

 

季節品は一般的に必要とされているタイミングかどうかで買取額が変わります。また、同じものでも新製品や新モデルが発売される前のほうが高値がつきやすい傾向です。できるだけ高く売りたい場合は、手間はかかるものの、品目によって売る方法を使い分けることが有効です。

 

反対に、面倒な作業をできるだけ省き、手間なく不用品を買い取ってもらいたい場合には、あらゆるアイテムを一括で回収・買取をしてくれる不用品買取サービスを利用しましょう。特に、自分では市場価格を判断しにくいものを売る場合には、専門的な知識のある人が査定や見積もりをしてくれる業者に依頼すると安心です。

 

不用品として売れないもの(買い取ってもらいにくいもの)は?

買取店の利用は不用品を引き取ってもらえて、お金も手に入る魅力ある方法です。しかし、法令やお店の規定、市場の需要の関係で買取してもらえないものや、買い取ってもらいにくいものもあります。買取できるかの判断基準は、再利用できるものであるかが目安となります。

 

買取店で買い取ってもらえなかったものについては、別に回収サービスを利用するか、自分で直接売ったり廃棄したりしなければなりません。以下に売れないものや買い取ってもらいにくいものを具体的に紹介しているため、処分する際の参考にしてください。

 

家電

多くの人が生活で使用しているような家電でも古いものは売れにくい傾向です。家電は新製品や新モデルが次々と出ています。そのため、すぐに古い製品の扱いとなり、年数の経過とともに買い取ってもらいにくくなるアイテムです。ほとんどの業者で買取基準として設定している年式は、製造から5年以内のものです。

 

法律に抵触する可能性のあるもの

取り扱いによっては法律に違反する可能性がある品目は、業者側も不安があるため慎重に買取を判断します。たとえば、エアガンや刀剣は銃砲刀剣類所持等取締法のもとで登録や所持に厳しい決まりがあるものです。そのため、法律に違反しないか十分に確認したうえでの買取となります。

 

法律で禁じられているもの

ブランド品のコピー品や海賊版DVDは、不正な手段での競争を規制する不正競争防止法や、商品やサービスを事業者などが財産として守る商標法に反するものです。また、ワシントン条約に抵触するような絶滅危惧種の動植物なども取引が禁じられているため買取してもらえません。

 

PSEマークやPSCマークがついていない製品

PSEマークやPSCマークがついていない製品は、電気用品安全法や消費生活用製品安全法で一部の販売を禁止されているため買い取ってもらうことが難しくなっています。一部で販売が禁止されているのは、消費者の安全を守るためです。

 

衛生上、問題になりそうなもの

賞味期限や温度調整など管理が難しく、売る際に衛生面などで安全を保証できない食品(酒類は除く)や医薬品、医療用品などは買取してもらえないことが多い品目です。また、汚れや劣化の状態がひどいものも、衛生上の問題から買取が難しいのが現実です。

 

低価格販売店の家具

ニトリやホームセンターなどで大量にお手頃な価格で売られているような家具は、買い取ってもらいにくい傾向にあります。たとえ売れたとしても、数百円~1,000円くらいであることが通常です。新品でも数万円程度で購入できるような商品の中古を、あえて数千円から数万円で購入する人は少ないからです。

 

対して、定価が何十万円もするような高価な家具は、新品だと気軽に手に入れにくいため中古品でも需要が高く、買い取ってもらいやすくなっています。

 

まとめ

不用品を売る方法は、自分で売る方法から業者に一括で引き取ってもらう方法までいろいろあります。しかし、処分方法の選択や依頼する業者を間違えると、かえって費用が高くついたり、余計な手間がかかったりする場合もあるため注意しましょう。

 

お客様満足度96%を誇るグッドサービスでは、売れるものは買い取ってもらい、買取対象外のものは一緒に回収してもらえます。地域最安値の回収費用を目指していて、他社よりも1円でも高い場合には相談できるうえ、キャンセル料や追加料金なども一切かかりません。もちろん見積もりも無料のため、気軽にご相談ください。

 

見積もり(LINE・メール)

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。