お役立ちコラム

ラグ・カーペットの捨て方とは?分類やポイントなどについても徹底解説!

2022/06/01

ラグやカーペットは、引越し、部屋の模様替えをするときに、処分したくなるもののひとつにあげる人も多いのではないでしょうか。しかし、ラグやカーペットは、結構大きいので「粗大ゴミかな?普通ゴミかな?」「業者に頼むべきか、普通に自治体のゴミとして出せばよいのかな?」と、捨て方や処分方法に迷う人もいます。

今回は、意外と処分に困るラグ・カーペットの捨て方や捨てるときの分類、知っておきたいポイントなどについて徹底解説します。ラグやカーペットの捨て方で悩んでいる人は、最後までご覧ください。

処分におけるラグ・カーペットの分類はどれ?

ラグやカーペットを処分する際は、大きさによって、処分方法が変わってきます。まずは、どの分類になるかを確認しましょう。

大きいラグ・カーペット・・・粗大ゴミ

自治体によって、大きいラグ・カーペットと判断される大きさに違いはありますが、1辺が30㎝以上の大きさになるものか、自治体指定のゴミ袋に入らないサイズの大きさのものが「大きいラグ・カーペット」と判断されます。ほとんどのラグやカーペットは1辺が30㎝を超えるので、基本的に粗大ゴミとして処分する必要があります。

しかし、横浜市のカーペット・ホットカーペットの捨て方は、基本的に粗大ゴミとなりますが、畳んで50㎝未満の場合は「燃えるゴミ」になるとしています。東京都大田区の場合は、サイズによって料金に違いはありますが、粗大ゴミです。

このように、自治体によって違いがあるので、ラグやカーペットを処分する際は、お住いの自治体に確認することが大切です。

小さいラグ・カーペット・・・可燃ゴミ or 不燃ゴミ

小さいラグやカーペットの場合も、自治体によって異なりますが、自治体指定のゴミ袋に入るサイズであれば、可燃ゴミか不燃ゴミとして出すことも可能です。

可燃ゴミか不燃ゴミのどちらになるのかを判断するのは、ラグやカーペットの素材です。コットンやシルク、イグサ、ウール、麻などの天然素材で作られているラグやカーペットは、可燃ゴミになりますが、裏に滑り止めなどがついている場合は不燃ゴミになるので注意しましょう。ポリエステルやナイロンなどの合成繊維で作られたものは、すべて不燃ゴミになります。

ラグ・カーペットの捨て方

ラグやカーペットの捨て方と聞くと「粗大ゴミ」が頭に浮かびますが、他にどのような方法があるのでしょうか。ここでは、ラグやカーペットの捨て方、処分方法について解説します。

ラグ・カーペットの捨て方①:フリマアプリやリサイクルショップに出す

ラグやカーペットがそれほど汚れていないのであれば、フリマアプリやリサイクルショップに出してみるのもいいでしょう。

せっかく気に入って購入したのに、捨ててしまうのもしのびありません。ゴミにせず誰かに再利用してもらいお小遣いにもなったら、こんなに嬉しいことはありません。一般的には新しいものが高値はつきやすいですが、ペルシャ絨毯やシルク素材のものは、年代が経って使い込むほど価値が上がるものもあります。

ラグ・カーペットの捨て方②:不燃ゴミや可燃ゴミとして処分する

粗大ゴミの回収に間に合わないときや、少しでも費用を抑えたいときは、ラグやカーペットを小さく切って、不燃ゴミや可燃ゴミとして処分する方法もあります。

小さく切ったラグやカーペットは、不燃ゴミや可燃ゴミとして出しますが、どちらに分類されるかは自治体によって異なるので、事前に確認しておくとスムーズに処分できます。不燃ゴミや可燃ゴミとして処分する方法の詳細は、後述します。

ラグ・カーペットの捨て方③:粗大ゴミとして処分する

ラグやカーペットをそのまま捨てる場合は、粗大ゴミになることがほとんどです。しかし、自治体によっては、大きくても畳んで50㎝未満であれば、燃えるゴミでOKというところもあります。逆に230㎝を超えると、粗大ゴミとしても処分できないという自治体もあります。また、サイズによって手数料が異なる場合もあります。

粗大ゴミは、清掃事務所に連絡して予約をする必要があるので、その際、サイズなどを説明して、一番いい処分方法を聞いてみるのもいいでしょう。

ラグ・カーペットの捨て方④:友人や知人に譲渡する

まだきれいな状態のラグやカーペットであれば、友人、知人が欲しいと思っているかもしれません。もしかすると、家に遊びに来た友人が、ラグやカーペットを褒めていませんでしたか?処分する前に聞いてみるといいでしょう。

大きいラグ・カーペットでも可燃・不燃ゴミにて処分できる!

ここでは、大きいラグやカーペットを、可燃・不燃ゴミで処分する方法を紹介します。少し大変ですが、この処分方法だと費用もかからず、自分のペースで捨てられます。

手順1.自治体にラグ・カーペットの処分方法と分類を確認しておく
まず、自治体にラグ・カーペットの処分方法を確認してみましょう。小さく切れば粗大ゴミで出さなくてもいいとわかったら、切るサイズと可燃・不燃ゴミのどちらで捨てるのかをあわせて確認します。

手順2.ラグ・カーペットを指定のサイズにカットする
万能のこぎりや裁ちばさみなどでラグやカーペットを小さく切っていきますが、厚みのある素材のものもあります。ラグやカーペットを裁断するときは、ケガをしないように注意してください。

手順3.切ったラグ・カーペットを指定のゴミ袋に入れて捨てる
小さく切ったラグやカーペットを自治体指定のゴミ袋に入れて、指定通りの捨て方で処分します。一度に出す量が多くなってしまう場合は、数回に分けて捨てるようにしてもいいでしょう。

<用意するもの>

  • 万能のこぎりや裁ちばさみなど厚みのある素材でも切れるもの
  • 自治体指定のゴミ袋
  • ほこりが出るのでマスク

<注意点>
ホットカーペットは、中に電熱線が入っています。そのため、切るのは非常に危険なので、粗大ゴミなど自治体のルールに則った捨て方をしましょう。

また、軍手を付けてラグやカーペットを裁断すると、間違えて指を切ってしまう場合もあります。はさみを入れる前に、ラグやカーペットの裏側に添えている指の位置を確認しておくことも大切です。

まとめ

ラグやカーペットを自分で処分する場合は、自治体に処分方法を確認して、必要であれば粗大ゴミの回収を依頼する必要があります。基本的に粗大ゴミは予約制で混みあっているため、かなりの日数を待たされる可能性もあります。

また、ラグやカーペットを小さく切って可燃ゴミや不燃ゴミに出す方法もありますが、厚みがあって固いカーペットを切るのは、かなりの重労働です。

そこで、おすすめなのが、不用品回収に依頼することです。GoodServiceは、予約がなくても最短30分で回収に伺います。また、買取もしているので、もしかすると不要になったラグやカーペットを買い取らせていただくこともできるかもしれません。ラグやカーペットの処分でお困りの際は、安心な料金と丁寧な作業で評判のGoodServiceへご相談ください。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

捨てるにはもったいない雑貨など、無料回収します

あなたのお部屋にある「捨てても良いもの」を海外で現地販売して売上の一部を寄付しています。
現地の雇用と子どもたちの笑顔を作ります。

ワクチン寄付までの流れ
サービスのご案内
  • 不用品回収

    不用品回収

    早い、安い、安心で確かな実績!面倒なことも全部お任せ。もちろん秘密厳守。

    不用品回収

  • お家まるごと

    お家まるごと

    一軒まるごとでも、お部屋まるごとでもお任せください。立会不要で楽チン片付け。

    お家まるごとお片付け

  • 遺品整理

    遺品整理

    想いに寄り添う丁寧なサービス。生前整理も。100%自社スタッフ対応です。

    遺品整理

  • 特殊清掃

    特殊清掃

    臭いやシミも全て消しとります。状況を踏まえた最善の清掃作業をご提案します。

    特殊清掃

  • 買取り

    買取り

    業務用から一般家庭用やブランド品、古いアンティーク品まで幅広く専門家が高価買取!

    買取り

  • 家屋解体

    家屋解体

    建て壊しなど、住宅から店舗の解体まで!解体に用いる重機は全部で14種類。

    家屋解体

  • ゴミ屋敷

    ゴミ屋敷

    汚部屋など手がつけられない状態でも大丈夫!あっという間にお片付けします。

    ゴミ屋敷お片付け

  • 粗大ゴミ回収

    粗大ゴミ回収

    運び出しが難しいような面倒な粗大ごみまで全て回収!お急ぎの場合でもOK!

    粗大ゴミ回収

  • 引越し時のゴミ回収

    引越し時のゴミ回収

    当日OK!見積もり後の追加請求は一切いたしません。リサイクル券の発行も。

    引越し時のゴミ回収

  • 雑貨等の寄付

    雑貨等の寄付

    使わない物を海外に寄付することで、子どもたちの笑顔をつくりませんか?

    リボーンプロジェクト

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

PayPayでのお支払いOK!

※遺品整理はクレジットカード、PayPayがご利用いただけません。 ※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。