お役立ちコラム

片付けられない人の共通点は

2016/02/01 コラム

こんにちは、グッドサービススタッフです。
今日は瑞穂区のとあるお宅に片付け回収に行ってきました。
今回のご依頼は不用品の回収と、一緒に部屋を片付けてほしいというご要望でした。

なかなか片付けられないそうで、部屋の中はいろんな生活用品や買ったままの服や雑貨が散乱している状態でした。

このお客様のように、片付けようとしてもどうしても片付けが進まないという人や
片付けても何日後かには元の状態に戻っているという方は多くいらっしゃることだと思います。

対照的に、部屋が何日たっても綺麗な状態が継続していて、いつでも部屋に来客を迎え入れられるような方もいらっしゃいます。

今回は部屋を片付けることが苦手な人の共通点に視点をおいて、片付けられる人と片付けることのできない人の違いを紹介させていただきたいと思います。

まず1つ目は片付けをまとめてしようと思っている人です。
部屋を長い期間片付けをしなければ、部屋を完璧に掃除するまでの時間がとてもかかります。
部屋の広さによっては1日ではおわらない可能性もあります。
逆に言うと掃除上手な人は、気合を入れて一気に掃除をするのではなく、毎日コツコツと毎日気付いたときに片付けをしているのです。
掃除する場所を自分で決めて毎日5分間だけ実行してみると、掃除の習慣がついてくるのではないでしょうか。

そして2つ目は衝動買いをしてしまいがちな人です。
特に「安い」、「限定」、「無料」という言葉に弱いという方は注意が必要です。
買って満足感は得られたもののあまり使わない、又は全く使わないというものもあると思います。
使わないものが多くなっていくとただスペースをとるだけで、片付けるのも大変になります。
物を買うときはしっかりと「本当に今必要なものなのか?」と、一度考えてみてください。
無駄なお金を使わずにすみますし、片付けもスムーズにいきますし一石二鳥ですよ。

3つ目は何でもあとまわしにしてしまう人です。
部屋を常に綺麗に保つことのできる人は、毎回使った物をあった場所に直すことができているのです。
今日から何日間か意識して、毎回使った物を元の場所に戻してみてください。
部屋が綺麗でとても快いですし、無駄に部屋を片付けずに済みますよ。

4つ目はなかなかものを捨てることができない人です。
片付けるのが苦手な人は「もったいない」とよく思う傾向があります。
物を大切にすることはいいことです。
しかし、それによって部屋を汚してしまうほうがデメリットの方が多いです。
ポストに入ったチラシなどの紙類は放置しておくと、かさばって部屋が汚く見えてしまいがちなので気をつけるようにしましょう。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

※遺品整理はクレジットカードがご利用いただけません
※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。