お役立ちコラム

業者とのトラブルを避けるためには

2016/02/13 コラム

こんにちは、グッドサービススタッフです。

本日は犬山市で洗濯機と冷蔵庫の買取をさせていただきました。
ただ、買取とはいっても年式があまり新しい物ではなかったので、作業代などを相殺して無料で回収させていただきました。

ときどき、電話のお問い合わせで「なんでも無料で回収してくれると思った」とおっしゃる方もいます。
今日のお客様は無料で手間なく処分できたと満足していただけましたが、残念ながらなんでも無料で回収というわけではありません。

引っ越しのときや、普段からでもテレビや洗濯機、パソコン、タンス、食器棚の処分をしたいときに便利なのが「不用品回収業者」ですが、
中には「不用品を無料で回収します」といったアナウンスして、いざ不用品を回収してもらうと、不用品を車にのせた後に「実は無料ではない品目がある」といわれる業者もあるようです。

このように不用品回収業者を利用することによって、思わぬトラブルが起きてしまう可能性があり、
現在、全国の消費生活センター等にはたくさんの廃品回収サービスに関する相談が寄せられています。

実のところ「不用品を無料で回収します」とアナウンスをする業者は大抵無料でないことが多いです。

不用品の回収を業者にお願いするときは、その業者が登録業者か、無許可の業者なのかをきちんと確かめましょう。

また「見積もり書よりも高く請求してきた」というトラブルも増えているようです。

不用品回収業者も最終的に処分をする場合には費用が必要となります。
その他、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなどのリサイクル家電には別途リサイクル券の発行も必要となり、ある程度の経費は必要になります。

なので、極端に安い金額を提示する業者などは特に注意を払わなければいけません。

また、依頼してくる家庭のあり様もさまざまなので、見積りが難しく、物量や作業量が見積もり時に想定していたより増えてしまうこともしばしばです。

それを逆手に取り、トラックをもう一台追加しないと乗り切らないので追加料金が発生すると言われたなど、思っていた以上の料金を請求されることもあるそうです。

見積もり時に提示された金額が最終決定なのか、どこからどこまでが回収対象で見積もりに入っているのか、想定外の場合の追加料金の取り決めなど、きちんと確認をとりましょう。

そしてもうひとつ、「発行者(運搬業者)の基本情報」に関してですが、悪徳業者は自らの情報をなるべくもらしたくないので、それらの基本情報を提示しないことがあります。

きちんとした登録業者であれば「事業社名」、「本店所在地」、「担当営業所住所」、「電話番号」、「許可番号」、「業者番号」などがはっきりしてます。

いうなれば、何かトラブルになった場合、所在がはっきりしており、逃げることができませんので、よっぽど悪質なことはしてこないであろうと判断する材料にもなります。

見積もり書に記載されている事項において、ほとんどの方はわからないことだらけです。

わからないことを何も聞かずに放っておくと、あとでトラブルになる可能性が高まります。

不明事項については、きちんと業者に確認していくことをおすすめします。

 

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

※遺品整理はクレジットカードがご利用いただけません
※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。