お役立ちコラム

不用品の分別と処分方法

2018/11/07 コラム

一言で不用品の処分といっても、不用品にも様々な種類があり、その種類によって処分する方法は異なってきます。

ここでは、おおまかな部類分けと、その処分方法について紹介していきます。

まずは、自治体で処分することができないものです。

代表的なものは、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・パソコンなど、家電リサイクル法で決められている家電製品です。

そのため、不用品回収業者に依頼する、もしくは、自治体に相談して処分先を紹介してもらう必要があります。

次は、ソファやベッドなどの大きな家具です。

これらは、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用することができます。

しかし、自治体のサービスを利用するためには、事前の申請、料金の支払いが必要になります。

また、自治体によって回収できるもの、できないもの、料金は違っていますので、あらかじめ調べておく必要がありそうです。

それでは、いらなくなった服などはどうするのでしょうか。

服や靴などは、リサイクルショップに持って行って買い取ってもらうという方法が考えられます。うまくいけば、それなりの金額になるでしょう。

その他には、資源ごみとして出す方法、燃えるごみとして出す方法です。これらの区分は自治体によって異なりますので、確認しておきましょう。

その他に考えられるのは、本やCDなどです。

気付けば知らない間に溜めこんでいた本やCDは、多いのではないのでしょうか。

これらもリサイクルショップに持っていく、古本屋に持っていくという方法があります。

ごみとして捨てるよりも、良い処分の仕方ではないのでしょうか。

すべての不用品の処分に共通していることは、業者に依頼することができるところです。

不用品の回収業者は様々な形態をとっていますが、自宅まで引取りに来てくれる業者も多いです。

そういった業者を利用することによって、より簡単に不用品を処分することができます。

また、まとめて査定を行ってもらう事によって、単体では引取り料を払う必要のあるものも相殺される可能性もでてきます。

不用品回収業者には様々な種類がありますが、サービスの内容や形態に違いがでてきます。

自分に合った回収業者を選んで、いっそのことまとめて処分してもらうことも1つの手ではないのでしょうか。

不用品の種類や状態によって回収方法や処分の方法が多種多様にあるので、一度不用品の査定をしてもらってはいかがでしょうか。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

サービスのご案内

今なら!まずは無料お見積り

  • 0120-952-005
  • line
  • mail

Tポイント貯まる!使える!

クレジットカード払いOK!

※遺品整理はクレジットカードがご利用いただけません
※ご希望の方は申込時に必ずお伝えください。